レーザー脱毛のリスク

レーザー脱毛を行うと効果はありますが、やはり痛みが伴います。日々進化はしていますが、起こりうる肌トラブルを心得ておくとよいでしょう。

まずレーザーを照射した部分は赤みが出たり、ヒリヒリとした痛みが出たりします。毛穴にかさぶたができたりしますが、これは異常なことではないので安心してください。肌が乾燥するほど赤くなり熱も感じるため、保湿は心がけて行いましょう。またレーザー脱毛でやけどをしてしまうことも無いとは言えません。機械は誰に対しても同じ照射を行いますが、受ける人はそれぞれ体質も肌質も毛の濃さも違うわけですから、覚えておいたほうがよいでしょう。

レーザー脱毛を受けた一ヶ月間は強い日差し等の刺激から色素沈着が残る場合があります。しみのようなものです。また脱毛中の経過では必ず炎症やむくみが起こります。これは炎症性浮腫と言うレーザーの当たった毛穴の周りにできる炎症です。心配は要りません。

毛質の太い箇所を施術した場合、たまににきびに似たものができることがあります。これは毛嚢炎と言うもので、それができるのは一時的なのでこちらも心配は要りません。およそ一週間から二週間で治るでしょう。もし治らなかった場合は、専門医に相談してください。

About the author

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930