レーザー脱毛の種類

肌の露出が多くなる夏に向けて、脱毛を考えている方も多いのではないでしょうか。脱毛にも種類がありますが、医療機関などで用いられるレーザー脱毛について今回はご紹介しましょう。

医療レーザー脱毛はクリニックや美容皮膚科などで使用されている脱毛法です。レーザーを当てることで、毛の色に反応し毛根の組織を破壊していく方法です。毛根を破壊することで新たな毛を生えにくくします。

国内で実際に使われている医療レーザー脱毛のいくつかの種類と特徴を挙げてみましょう。まずはダイオードレーザー。これは照射できる範囲が広いのが特徴です。時間短縮にもなり、脱毛の効率が良いです。また低刺激なので安全です。次にロングパルスヤグレーザー。長波が長イレーザーで、深達度が高いため深いところまでレーザーが届きます。女性ならVラインやIラインの脱毛、男性ならひげの濃い方にお勧めです。

G-MAXというレーザーは、短時間で行えるのが特徴的で、皮膚に与える影響が少ないため、日焼けで肌が黒くなった人も普段から肌の色が黒い人も治療が可能です。また敏感肌の方にも効果的です。それからアレキサンドライトレーザーは肌を冷やしながらレーザーを当てる治療法で、痛みが抑えられます。レーザーを照射する際にジェルを塗布する必要がないため、ジェルで肌が荒れてしまう人にはお勧めです。最後にライトシェア・デュエット。このレーザーはとにかく痛みが少ないことが特徴です。また広範囲に照射できるため時間短縮にもなりますし、レーザー自体の出力は弱いですが、効果は十分です。

About the author

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031